島根医科大学医学部附属病院 内尾祐司2

うちの母は、現在75才で数年前から膝痛に悩まされてしまい、今近くにある島根医科大学医学部附属病院の整形外科にかかっています。
しかし、心臓疾患があるために普通の方のように関節痛があったとしても、痛みどめやブロック注射が使えません。
そのため行っている治療といえば、湿布を貼ることや骨粗しょう症の薬を飲んでいることが主流です。

しかし、かかりつけの整形外科で受けられるのがリハビリです。
週に2回受けられるようになっているので、担当医内尾祐司先生からの指導を受けたり、筋力アップのための体操を行ったりしています。
こうしたリハビリができることで、できるだけ関節痛の悩みを減らせるように筋力アップを内尾祐司先生と目指しています。

その他には、血流を良くするための機器に入って治療を受けることもできます。
このようなリハビリができる病院では、目に見えて痛みがなくなっていくというわけでもないのですが、痛みどめに頼ることで副作用の心配もあるため、かえってこのようなリハビリを積極的に行うことが心身の機能の維持に役立つのではないかと内尾祐司先生より説明を受けました。

膝痛は、関節破壊が起こっていない段階であれば、筋力をアップすることで今できている歩行を保つことができると内尾祐司先生より言われました。
どうしても年齢を重ねるにつれて足腰の弱りは出てくるものですが、このように整形外科が指示を出してくれることで積極的なリハビリができることは、高齢者にとって現状維持が目指せる大事なポイントではないかと思います。

母が通院している病院では、膝痛を始め腰痛、肩の痛み、腕の痛みなど様々な関節に悩まされている方も通われていて、積極的なリハビリを継続されているようです。

少しでも体の機能を落とさないためにも関節痛があっても、急性期以外ではこうしたリハビリを持続的に行える病院を選ぶのが適切ではないのかと思います。
痛みどめで確かに関節痛は一時的に楽になるのですが、帰って無理を重ねてしまいその関節への負担をかけてしまうことで関節破壊を進めてしまうこともあります。

負担をかけずに積極的なリハビリを行うことが出来る病院であれば、関節痛で悩んでいる方に継続的な治療が出来ると思います。