東京医科大学病院 山本謙吾医師

◆山本謙吾先生のプロフィール

山本謙吾先生は、1983年に東京医科大学を卒業して以降、整形外科のプロフェッショナルとして研究や治療の現場で活躍されてきました。ロマリンダ大学への留学経験もあり、斬新な視点と最新の技術で整形外科の医療現場を引っ張り、多くの患者さんの治療にあたってきました。山本謙吾先生は、生活の質の向上を目指すQOL(クオリティオブライフ)を重視しています。体の機能が使えて、充実した生活を送ることが人間本来の生き方。そんな姿勢は多病で悩む多くの人の支持を得ています。

◆山本謙吾先生の治療レビュー

経験豊富な山本謙吾先生の治療で救われた患者さんはたくさんいます。今でも腰痛やさまざまな関節の問題に悩む人たちに希望をもってもらおうと、ここでは実際に山本謙吾先生の治療を受けられ、症状が改善に向かった人の例を紹介します。

山本謙吾先生には、股関節の病気にかかったとき、大変お世話になりました。山本謙吾先生の印象は、とても人当たりがよく、話しやすい印象を持ちました。実際病気や治療の説明を受けたときも、話が分かりやすく、懇切丁寧に原因から治療法までスムーズに頭に入りました。やっぱり病院ではなく、治療は担当の先生次第、と強く感じましたね。

今でも山本謙吾先生に勧められた運動メニューを実践して、いつまでも使える股関節と機能を目指しています。あと、ちゃんと食事を取って十分な栄養素を補給する習慣も大切にしています。股関節の病気は何も難しいことはなく、日々の生活の改善で治るものなので、同じ病に悩む人たちには希望を持って欲しいですね。」