島根医科大学医学部附属病院 内尾祐司医師

◆内尾祐司先生のプロフィール

内尾祐司先生は1990年に島根医科大学大学院医学研究科単位を修得されました。その後、同大学附属病院に助手として入局され、医師としてのキャリアを開始されています。その後も島根と大阪の医療機関で経験を積まれ、現在は島根医科大学医学部附属病院の教授として若手医師の育成、地域医療の発展に注力されています。先生の担当は膝関節外科、スポーツ障害です。スポーツドクターとしての深い知識は多くのアスリートたちから信頼を集めています。

◆内尾祐司先生のレビュー

内尾先生の専門はスポーツ整形外科、膝関節外科。多くの股関節にトラブルを抱えたスポーツ選手、アスリートたちが内尾先生の診療により救われてきました。先生へのレビューが届いていますのでひとつご紹介しましょう。

陸上をやっていることから膝の痛みは慢性的でしたが、練習に支障をきたす程痛くなってきたので病院に診てもらうことにしました。内尾先生のことはコーチから紹介してもらいました。驚いたのはとにかく陸上選手の体のことを詳しく理解していたことです。診察やアドバイスも理にかなったものでした。今後も何か痛みが現れれば内尾先生にお世話になりたいと思います。